自己治癒力で傷口を治癒させる湿潤療法(モイストヒーリング)| アンチエイジング・若返りの効果が出る神戸のクリニック口コミ&ランキング | アンチエイジング比較・評判

効果が出ると評判のアンチエイジングクリニックランキング
神戸のアンチエイジング比較評判 > 治療法 > 自己治癒力で傷口を治癒させる湿潤療法(モイストヒーリング)

自己治癒力で傷口を治癒させる湿潤療法(モイストヒーリング)

傷を自然治癒力で治す湿潤療法(モイストヒーリング)

みなさんは「湿潤療法(モイストヒーリング)」という言葉をご存知でしょうか。

例えば私たちはちょっとしたすり傷や切り傷・軽度のやけどをした場合、その部分に消毒液を付けて傷口を乾燥させて(かさぶた)治そうとします。

しかし、湿潤療法は上記に明記した方法で傷を治しません。

まず、肌表面にできた傷口を水道水で洗い流します。

そして消毒液を使用しないで、その傷口を(湿った状態)自分自身の自然治癒力によって治す方法なのです。

ということでこの項では、湿潤療法の考え方について説明したいと思います。

湿潤療法について

湿潤療法は傷口を塞ぐのではなく、傷口に健康な皮膚(細胞)を培養する考え方に基づいています。

・健康な皮膚を培養→「新しい細胞が生まれるのを助ける/新しい細胞を壊さない/新しい細胞を健康な状態に保つ」ことを意味しています。

そして健康な皮膚を培養するためには、傷口が湿った状態「湿潤環境」にすることが重要なのです。

しかし何故、健康な皮膚を培養するために湿潤環境が必要なのでしょうか。

実は生きている健康な細胞は、乾燥した状態が続くと死滅してしまうのです。

※乾燥してかさぶたができれば傷口が治ったように見えますが、実は傷口の乾燥は傷の治りを遅くしているのです。

○湿潤療法の傷の治し方

「傷口を水道水でよく洗う→湿潤環境を維持→傷口から透明っぽいリンパ液が出る→リンパ液には傷口を塞ぐ成分が含まれている→その状態を保てば傷口が完治する。」

湿潤療法の注意点

ではここで(改めて)、湿潤療法の注意点について触れて置きます。

・傷口を水道水でよく洗う(=消毒液は使用しません)

 傷口に細菌や異物が残っている場合、傷口が膿む原因になります。

・傷口の処理方法

 傷口を洗浄した後に水気を拭き取り、出血している場合は清潔なガーゼなどで傷口を止血してください。

・傷口の保護

 傷口の乾燥を防ぐため、市販のドレッシング材:湿潤療法用絆創膏などを貼って傷口を保護してください。

 ※1分程度、湿潤療法用絆創膏を手で押さえてください。そうすれば3~4日貼った状態を保つことができます。

アンチエイジングクリニックランキング

神戸中央クリニック

神戸中央クリニックは、JR三宮駅から徒歩3分で非常にアクセスしやすい場所にありま。 診療時間は午前10時から午後の18時まで、年中無休で営業しています。ヒアルロン酸注射を始めエランセや高濃度ビタミンC点滴、多汗症、ワキガの治療といった様々な治療が行われています。脂肪吸引や豊胸、婦人科形成など女性の気になる部分を改善する様々な治療方法も高く評価されています。

公式サイトはこちら

中央クリニック(全国)

1988年に開院し、全国に21院を展開する大手美容外科クリニックです。施術実績が多く、医師の技術が優れていることが特徴です。どの院も医師・看護師ともに親切で、安心して治療を受けられると評判です。

公式サイトはこちら

ルネッサンス美容外科医院 神戸院

ルネッサンス美容外科医院が選ばれる理由は、なんといっても女性専用であり何よりもプライバシーを重視しているということです。女性専用のクリニックになっているので、待合室などにおいて男性とすれ違ったりなどはありません。プライバシーを何よりも重要視していますので、他のお客さんと顔合わせることもほぼありませんので、安心して治療を受けることができます。

公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック神戸院

湘南美容外科クリニック神戸院は、兵庫県神戸市中央区御幸通り6-1-10 オリックス神戸三宮ビル5階にあります。JR三宮駅徒歩5分ととてもアクセスしやすいです。脂肪吸引、タトゥ除去、レーザー治療といった身体や顔の美しさを追求するための診療を行っています。

公式サイトはこちら

ザ・ニシキタクリニックCHRIS

午前10時から夜20時まで営業しており、年中無休でいつでも手術を受けることができます。二重まぶたや若返り、プチ整形やバストアップ、薄毛治療にワキガや多汗症治療など様々な治療を受けることができます。

公式サイトはこちら